スクラッチによるプログラミングにて実現できることは多岐に渡るため、明確な終了基準はございません。

ただし、弊社としては下記のパターンに当てはまる場合は、ご受講頂く必要が無いと考えております。

・作りたいプログラムをご自身でWEBなどを調べて作れる場合
・作りたいプログラムがスクラッチの動作速度では実現できない場合
上記に当てはまる場合については、次のステップに向けたアドバイスなどを実施させて頂いております。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

関連記事はありません。